家の売却は早く売りたい時こそまずは準備と売却条件の整理をしましょう!

今まで長年大切に住んできた家、様々な事情があって売却を決意する人が増えています。

あなたが売却を急いでいるとしても、この一瞬だけは落ち着いて下さい。

家の売り方の基本は「急がば回れ」です。

一度一息ついて、売却に向けた準備と売却の条件整理を行わないと損をしてしまいます。

今回は家の売却について必要な準備と売却条件の整理についてご紹介します。

de96a3421556400001ad9a440087562c_s

まず収支計算をしよう

順調に家の売却が完了した場合にどれくらいの金額があなたの手元に入ってくるか計算することが大切です。

例えば3000万円で家の売却出来たとして、そのまま全額があなたの手元に入るわけではありません。

家の売却には諸経費として不動産会社への仲介手数料などの様々な手数料が必要になります。

仲介手数料についてはこちらもどうぞ。

また売却する家を購入した時に住宅ローンを利用していて、まだ残債があるのであれば抵当権の抹消を行う手数料も必要になります。

様々な手数料を売却価格から差し引いた金額があなたの手元に入ります。

その中から住宅ローンを完済します。

今住んでいる家を売却するためには住宅ローンを完済しなければなりません。

更に忘れがちな出費がまだまだあります。

忘れてはならないのが『引っ越し費用』です。

簡単に確認しただけでも、本当に多くのお金が必要になります。

まずは落ち着いて売却の前に資金計画を立てる必要がある事を覚えてください。

売却を急ぐときの注意点

急いで売却しなければならないというあなたは『相場以下』の価格で売却する事を覚悟する必要があります。

家を売却する時期にもよりますが、急ぎの売却となれば他の同じような物件よりも魅力的でなければありません。

圧倒的な立地の良さや周辺環境で勝負出来ない場合は『価格』で競争します。

本当に家の売却を急いでいる場合は相場以下の値段設定を行う必要があります。

不動産売買の市場をを見ているのは、自分の住まいを探している人だけではありません。

不動産会社も自社で買う物件を探していますし、不動産投資家も物件を探しています。

お値打ち物件に対する引き合いは非常に強くなりますし、話が持ち上がればアッという間に進んでしまいます。

 

販売価格を周辺の不動産価格相場よりも低く設定する場合、どの程度下げられるのかを検討する上で事前の計画がとても大切になります。

売却に向けた戦略を練る

今回は家の売却に向けた事前準備と資金計画の立案についてご紹介してしました。

まずは家の売却に必要な費用の計算をして下さい。

家を売却する事によって必要になる仲介手数料はこちらの記事を確認してください。

売却した金額からどれくらいのお金が手元に残るのか知ることは計画を立てる大前提になります。

更に急いで家を売却する必要があるのであれば、どれくらいの金額で販売すれば買い手がすぐに見つかるか調べることが大切です。

周辺相場や売却する時期によって売却金額は変動します。

家の売却は分からないことを気軽に相談できるパートナーが大切です。

不動産会社の選び方はこちらの記事もぜひご覧ください。

 

ABOUTこの記事をかいた人

大学生のときに宅建を取得。自身でも不動産賃貸業を営んでいます。だからこそ、不動産会社との付き合い経験も多く皆様がお困りな点などをアドバイスできます。はじめての売却は業者側とあなたとの間に大きな情報の格差があります。騙されないためにも客観的な情報を持って落ち着いて交渉しましょう!