築古の古家付きの土地か更地の土地か売却するためにはどちらがいいの?

今、ニュースや新聞紙上で誰も住んでいない空き家の古家が問題になっているのを御存知ですか?

なぜなら、土地の上に空き家であっても、古い家であっても家がある方が固定資産税と呼ばれる税金が安くなるからです。

しかし、空き家は周辺地域の治安上も安全上も崩れそうな家を置いていくメリットはありません。

では、この古い家が建っている状態で売却をするとなった時にはどうなんでしょうか?

今回は、現在話題の築古の一軒家問題についてあなたの疑問をまとめました!

b91ad90139bf87d10a09ddc316b3d347_s

築古の家付が建っている土地のメリット

第一のメリットは『家の解体費用が不要』である事です。

家を建てる費用と違って、家を壊す解体費用はあまりかからないと思っていませんか?

築古の家を解体して更地にする費用はあなたが思っているよりも高額なお金が必要になります。

坪単価は最低でも3万円〜が相場となっているようです。

更に、家の中にある家財もあなたが選別して処分する事になります。

家の中に入って不要なもの、必要なものを選別しなければなりません。

また、上記でも書きましたが税金面でのメリットもあります。

土地に空き家であっても家を建てたままにしておくと長い期間売却出来なくても税金を安く抑えることができます。

築古の家は財産としての価値が低くなり、固定資産・都市計画、両税の軽減措置を受けることが出来ます。

家を解体して更地に戻す事によるメリット

築古の家を解体して更地に戻す事によるメリットはなんと言っても『買主の見つけやすさ』です。

更地に戻っていれば、買主は土地を購入後すぐにアパートや家の建設に取り掛かる事が出来ます。

また、古家付きを購入後に解体する予定であれば、その費用を買主が用意する必要がなくなります。

買主だけでなくあなたにとってもメリットがあります。

築古になってしまった家の瑕疵担保責任がなくなります。

家を建てたまま土地と家を売却した場合、購入者がその古家に居住した場合に家の中に欠陥が発覚すればその責任を問われます。

この瑕疵担保責任が更地になればなくなります。

a7a7dd9fcdb9993b9de1d2e190a25edf_s

建てたまま・更地どちらにもメリットがあります!

今回は、古くなった家が建ったままの土地についてご紹介しました。

家を建てまま・更地どちらにもメリットはそれぞれにあります。

残念ですが、状況次第というのが答えになってくるでしょう。しかし、それではあなたの疑問を解決する事が出来ません!

費用を抑えて土地を売却したいというあなたは『古家付き』の状態で売却をする方がいいでしょう。

トラブルなく、すっきりと土地を売却したいということであれば『更地』にして売却をする方がいいと思います。

あなたが重要視する優先事項がとても大切になります。

もちろん、大切な事をあなただけで決める必要はありません。

気軽に相談できる不動産会社の担当者とじっくりと話し合いましょう。

あなたにとっては客観的な意見を聞く事が意外な解決策を産む可能性もあるのです。

納得のいく土地の売却になりますように!

ABOUTこの記事をかいた人

大学生のときに宅建を取得。自身でも不動産賃貸業を営んでいます。だからこそ、不動産会社との付き合い経験も多く皆様がお困りな点などをアドバイスできます。はじめての売却は業者側とあなたとの間に大きな情報の格差があります。騙されないためにも客観的な情報を持って落ち着いて交渉しましょう!