マンション売却の即金即買は今すぐ売りたいあなたにオススメです

大切に住んできたマンションの売却を希望しながら、なかなか買主が見つからない事があります。

マンションを売却してまとまったお金が必要なら焦りが募ります。

タイムリミットが迫る中でなにか他に良い方法がないか悩んでいるあなたに朗報があります。

いますぐにマンションを売却したいあなたにオススメしたい制度があります。

それが即金即買です。

即金即買は今すぐに大金があなたの手に入るメリットがあります。

デメリットもありますが、今すぐ現金が必要な場合には利用を検討してみてもいいかもしれません。

400858d13c16e16934fad2c8a27718b3_s

即金即買とは

今回ご紹介する「即金即買」について解説します。

そもそも即金即買とはどのようなシステムなのでしょうか。

あなたのマンションを不動産会社が直接買い取ることを言います。

本来は不動産会社は売主であるあなたと買主をつなぐ仲介をつとめます。

不動産会社としてマンションを買い取り専門家の視点からプチリフォームを実施して価値を向上させます。

その後、利益を上積みしてマンションを売却する不動産会社があります。

資金が潤沢にある不動産会社は急いで売却したい売主から現金で不動産を買い取るサービスを展開しています。

74ebcd21588946be3aef69b273cf45bc_s

即金即買のメリットとは

この即金即買を利用するメリットは今すぐに現金があなたの手元に入る事です。

売却の仲介の場合、あなたは買主が現れるまで待ちの期間を過ごす事になります。

現在もマンションが売れずに悩んでいる真っ最中かもしれません。

すぐに見つかるか分からない買主を待つ期間は実際の時間の流れよりも長く感じます。

今すぐにマンションの買い替えを進めないといけない場合、資金計画にも不確定事項が多いと困ってしまいます。

2番目のメリットとして即金即買の制度を利用すると、不動産会社に対して支払う仲介手数料が不要になります。

不動産会社に直接売却するため仲介手数料がかかりません。

仲介手数料が100万円単位で必要になるマンションの売買でこの魅力は大きいと言えます。

即金即買のデメリットとは

次に即金即買のデメリットを確認します。

デメリットは相場よりも低い価格でマンションを売却することです。

理由は不動産会社に売却するからです。

不動産会社は相場よりも低い値段でマンションを買い取り、良いタイミングで売却して利益を出します。

あなたは急いで売却したい、不動産会社はお値打ちな値段でマンションを買いたい。

個別案件によって差はありますが2割〜3割くらい相場から低い金額で売却する覚悟が必要です。

どこまでの金額であれば売却価格が下がっても許容できるのか、収支計画が大切になります。

4a7b3468e1f69b8186997a9ff1418412_s

まとめ

今回は即金即買のシステムをご紹介しました。

メリットとデメリットについて確認しましたが、急いでマンションを売却したいのであれば即金即買はオススメです。

メリットは今すぐに現金があなたの手元に入ってくることです。

加えて、不動産会社との取引になるため仲介手数料が不要なことです。

デメリットは周辺の同じ規模のマンション価格相場よりも低い金額で売却をする事です。

目安としては相場の2割〜3割程度安い金額で売却することを覚悟してください。

マンションの買い替えを検討しているのであれば事前の資金計画が重要になります。

しかし。

仲介手数料が不要な分、本来の仲介による売却よりも手元に残る金額に差が出ます。

正確に計算してみると、本来の売却ステップよりも差し引かれる費用が少ないために手元に残る金額は大きな差にならない可能性があります。

マンションが売れないと悩んでいるのであれば今すぐに即金即買サービスを利用することをオススメします。

即金即買サービスを提供する不動産会社と出会うためには机上査定を利用して1度に多くの不動産会社と出会う必要があります。

即金即買を提供する不動産会社の中には悪徳な会社もあります。

厳しい審査を通過した優良な不動産会社だけに連絡を取り損をしないためにも机上査定サービスは必ず利用しましょう。

厳しい審査を通過した優良な不動産会社だけが登録するHOME4Uの特徴はこちらもどうぞ。

HOME4Uの一括査定を管理人が実際に利用した体験談と口コミ大公開

2016.07.18

 

ABOUTこの記事をかいた人

大学生のときに宅建を取得。自身でも不動産賃貸業を営んでいます。だからこそ、不動産会社との付き合い経験も多く皆様がお困りな点などをアドバイスできます。はじめての売却は業者側とあなたとの間に大きな情報の格差があります。騙されないためにも客観的な情報を持って落ち着いて交渉しましょう!