土地の売却をする際に必要な仲介手数料っていくらなの?簡単にまとめました!

土地の売却を検討している場合に、必要になる不動産会社への仲介手数料が気になりますよね。

売り側と買い側をつないでくれる不動産会社の仲介に対して支払う手数料ですが、上限の金額が宅建業法という法律で決められています。

いくらぐらい必要になるのか、どのタイミングで仲介手数料を不動産会社に対して支払うのか、仲介手数料の計算はどうすればいいのかを確認していきます。

土地の売却に向けてしっかりと事前に準備をして売却へのステップに臨みましょう!

15c9339bfaca9d5f58dc98a506def579_s

仲介手数料の不動産会社への支払いが確定するタイミングとは?

仲介手数料とは、不動産会社に対して支払う手数料の事です。

手数料と聞くと、不動産会社へ相談に行っただけでもかかりに思いがちですが、この仲介手数料は完全に成功報酬になります。

不動産会社があなたの土地を購入する買主を見つけてきて、売買契約を締結し、取引が完了した時点で仲介手数料が確定します。

この仲介手数料ですが、誰でも請求出来るわけではありません。

宅建業の免許交付を受けている、宅建業者しか請求する事が出来ません。

不動産会社には宅建業の免許を店舗内に掲載する事が義務づけられていますので、気になる場合はお店の中を見回してみると安心出来ます。

仲介手数料の計算方法をご紹介!

無事に契約が実行されて、取引が完了すれば不動産会社に仲介手数料を支払います。

この仲介手数料ですが、宅地建物取引業法という法律で上限が設定されています。

法外な値段を請求する事が出来なくなっているのです。

計算方法も公開されているので、だいたいの売却価格相場を事前に把握する事が出来れば、事前に必要になる仲介手数料を計算する事が可能になります。

仲介手数料は成約した売買金額によって3つの段階に分かれております。

・200万円以下        :5%+消費税

・200万円超〜400万円以下 :4%+消費税

・400万円超         :3%+消費税

となっております。

注意する点としては、400万円超の取引に関しては3%+6万円の簡易計算式が使用される事が一般的になっているので、この部分は確認が必要になります。

この簡易計算式を利用する理由は、面倒な計算をしなくて済む事が挙げられます。

本来の計算方法では、上記の計算式に該当する金額をそれぞれ計算した上で仲介手数料を算出します。

金額が大きな取引の場合は、複数の計算を行った上で足しあわせて仲介手数料を算出するため人為的なミスが発生する可能性が高くなります。

そのため簡易計算式を利用するのが慣例となっているのです。

963286d3e143832a6fe64d80114fbb05_s

仲介手数料の支払い時に注意するポイント

仲介手数料の支払い時期ですが、ここは注意が必要なポイントです。

支払い時期に関しては、行政からの指導があり売買契約締結時に50%、決済引き渡し時に残りの50%を支払うというのが一般的になっています。

決済前のためまとまった金額が手元に入っていない段階で、仲介手数料を支払うことになりますので事前に準備が必要になります。

また、不動産会社からの仲介手数料割引についても注意が必要です。

仲介手数料はあなたの土地を売却するための広告料や人件費などの費用に使われています。

そのため、割引によって仲介手数料が安い不動産会社を利用すれば良いというわけではありません。

顧客開拓のために、大手不動産会社が期間限定で割引を行っている場合などは利用しても問題はありませんが、恒常的に仲介手数料を安くしている不動産会社には注意しましょう。

仲介手数料は法律で決まっているので安心してください

今回は土地の売却時における仲介手数料についてご紹介しました。

不動産会社に支払う仲介手数料は法律で上限が決まっているので、請求された金額がおかしいなと思ったら計算してみましょう。

最近は、悪徳な不動産会社も減ってきてはいますが、まだまだそういった悪さをしているところもあるようですので、注意して不動産会社を選びましょう。

不動産仲介の本質は仲介手数料の値段ではなく担当者が親身になって対応してくれているのかという点かと思います。

あなたのやり方と合致した対応をしてくれる、信頼できる不動産会社と担当者を選択しましょう。

ABOUTこの記事をかいた人

大学生のときに宅建を取得。自身でも不動産賃貸業を営んでいます。だからこそ、不動産会社との付き合い経験も多く皆様がお困りな点などをアドバイスできます。はじめての売却は業者側とあなたとの間に大きな情報の格差があります。騙されないためにも客観的な情報を持って落ち着いて交渉しましょう!