相続した家を売却する時に注意が必要なポイントまとめ

親の死は人生の中で最も悲しい出来事と言えます。

悲しみに暮れる中であなたを現実に引き戻す問題が相続です。

分割できる銀行預金や有価証券は問題になりません。

相続で問題となる原因は親の家です。

相続人の中で親の家に住む人がいない場合は売却することをが最適です。

現金化することで分割が容易くなるメリットがあります。

今回は相続した家を売却するときに注意が必要なポイントをまとめます。

f05061a65c23024173ad5b73742554a5_s

相続税の基礎控除を理解する

銀行預金や家を含む不動産を相続すると『相続税』がかかります。

平成27年の1月1日から相続税の基礎控除額が変更され、控除額が減額されました。

新しい基礎控除額は『3000万円+600万円×法定相続人の人数』となっています。

基礎控除額の減額が原因で東京など都心部では家を相続するだけで基礎控除額を超えてしまう可能性があります。

相続税の対象となるのは

  • 配偶者の税額軽減
  • 各種優遇措置
  • 基礎控除

を差し引いた金額になります。

相続税に関連する税額控除制度を受けるためには、相続を開始してから10ヶ月以内に手続きが必要です。

相続した家の売却をオススメする理由

親から家を相続した場合、売却するか判断するポイントは今後使用するかどうかです。

家は住人がいなければ驚くようなスピードで劣化します。

誰も住んでいない家は管理しなければ傷みが進行し、売却を決意した時には修繕費が必要になります。

更に誰も住んでいない家を保有するデメリットが税金です。

家を所有していると固定資産税がかかります。

デメリットはこれだけではありません。

空き家は治安悪化の原因になります。

ご近所付き合いの面からも空き家で保有を続けることはイメージが良くありません。

誰も住んでいない家を保有することはデメリットだらけなのです。

私が売却をオススメする理由をご理解いただけたと思います。

 

空き家の売却はプロの手を借りる

相続した家の売却はパートナー選びが大切です。

家を売るときに欠かせないパートナーが不動産会社です。

戸建の売却はコツが必要になります。

過去に戸建売却の仲介経験がない不動産会社をパートナーに選ぶと大きな損をしてしまいます。

仮に相続した親の家が地方にあり、売却が不安かもしれません。

地方であっても、地元の不動産会社とパートナーを組めば売却が可能です。

次に不動産会社との出会い方をご紹介します。

机上査定を使って優良不動産会社だけと出会う

不動産会社の中にはあなたを騙そうとする悪徳な不動産会社が存在します。

街中の不動産会社に1社ずつ足を運ぶと悪徳不動産会社と出会うリスクがあります。

そこで利用したい便利なサービスが机上査定です。

机上査定はインターネットで簡単に利用出来る家の査定サービスです。

このサービスを使えば悪徳な不動産会社を排除して不動産会社と出会うことができます。

机上査定サービスに登録する不動産会社は厳しい審査を通過した不動産会社だけです。

過去に行政処分や指導を受けたことがない優良不動産会社ばかりです。

悪徳な不動産会社に黙れて大損しないためにも必ず利用することをオススメします。

まとめ

今回は親から相続した家の売却についてご紹介しました。

親から家を相続した場合、売るかどうかの判断は住む人がいるかどうかでした。

誰も住んでいない家は

  • 劣化がスピードが速い。
  • 放置すると修繕費が必要になる。
  • 治安悪化の原因になる。

ことから売却をオススメしています。

家の売却を決意すれば、次にパートナー選びが待っています。

売却のパートナーとなる不動産会社を選びます。

ここで利用したいサービスが机上査定でした。

机上査定を使えばあなたを騙そうと罠を仕掛ける悪徳な不動産会社を排除することができます。

不動産会社に騙されて大損しないためにも必ず利用してください。

厳しい審査を通過した不動産会社だけが登録するHOME4Uをオススメしています。

詳しい特徴はこちらの記事もご覧ください。

HOME4Uの一括査定を管理人が実際に利用した体験談と口コミ大公開

2016.07.18

ABOUTこの記事をかいた人

大学生のときに宅建を取得。自身でも不動産賃貸業を営んでいます。だからこそ、不動産会社との付き合い経験も多く皆様がお困りな点などをアドバイスできます。はじめての売却は業者側とあなたとの間に大きな情報の格差があります。騙されないためにも客観的な情報を持って落ち着いて交渉しましょう!