あなたは大丈夫?マンション売却時の修繕積立金と管理費の滞納に注意しよう

マンションの売却は戸建の売却には存在しない注意点があります。

あなたが売却を検討しているマンションで注意しなければならないポイントがあります。

それは『修繕積立金』と『管理費』の滞納です!

支払いを滞らせていると、売却時にトラブルになります。

口座引き落としで毎月払ってるよ!というあなたもしっかり確認しておきましょう。

dcb47ab681b3f1d8e8b233225aeb8232_s

修繕積立金と管理費とは?

本題に進む前に、おさらいしておきましょう。

『修繕積立金』と『管理費』について理解しておく必要があります。

1つずつ解説していきます。

修繕積立金

修繕積立金とは、将来のマンション修理を見越して積立ている資金です。

これはマンションの所有者全員が一定額を拠出して積み立てます。

一般的に「大規模修繕」と呼ばれている屋上の修理や外壁の塗り替えを行うための費用となります。

毎月、所有者から集めた資金を集めて、管理組合が定期預金などで堅実に運用し、大規模修繕が必要になるまで管理しています。

管理費

管理費とは、日々のマンション運営・管理で必要になる資金です。

マンションを管理するためには、管理会社に管理を委託する場合と自主管理を行う場合とに分かれます。

多くのマンションが専門の管理会社に管理を委託しています。

マンションの所有者から集めた管理費は、上記のような管理委託費の支払いに使用されます。

マンション内の電球取り替えや清掃などを依頼する事になります。

管理人さんが常住していれば、その方の人件費も含まれます。

向こう1年以内に使用する事になる費用が管理費として分類されるのです。

滞納がある事を隠して売却すれば請求される?

もし、あなたが『修繕積立金』『管理費』を滞納している事を隠して売却交渉を進めた場合どうなるでしょうか?

区分所有法というマンションに関連した法律にその際の対応が定められています。

滞納した債務は次の所有者に承継される』と決まっています。

つまり、売却が完了した後に滞納が発覚した場合は新しい買い主に滞納していた修繕積立金と管理費の支払い義務が生じる事に成ります。

『え?じゃあ、黙っておいた方が良いんじゃない?』

なんて思わないで下さい。

世の中は不正を働いている人に甘くありません。

上記のようなケースが発覚した場合、一旦、新しい買い主が滞納している費用を支払った後に元の売り主側に請求が行われます。

もし、このような事で訴訟などに発展した場合、お互いの気分が悪くなるだけでなく、あなたにとっても無駄な時間がかかってしまいます。

あなたが故意に滞納を隠してマンションを売却していた事が認められた場合、滞納していた費用の支払いに加えて、慰謝料などの賠償を命じられる可能性があります。

お互いが気持ちよく終われるように。

あなたの住んでいるマンションの『修繕積立金』『管理費』が口座残高などの兼ね合いで滞納していた場合はしっかりと払っておきましょう。

心配な場合は管理組合に問い合わせを行いましょう。

毎月支払っていると思っていても、本人の意思とは関係の無い理由で滞納扱いになっている場合もあります。

売却前に、滞納がないか調べるのも大切な事前準備の1つです。

それが誠実な対応というものです。

売却はれっきとした商取引です。

安易な考えが通用するほど甘い世界ではありません。

売却するあなたとあなたのマンションを購入してくれる買主、お互いが気持ちよく終われるように誠実な対応を心がけましょう。

ABOUTこの記事をかいた人

大学生のときに宅建を取得。自身でも不動産賃貸業を営んでいます。だからこそ、不動産会社との付き合い経験も多く皆様がお困りな点などをアドバイスできます。はじめての売却は業者側とあなたとの間に大きな情報の格差があります。騙されないためにも客観的な情報を持って落ち着いて交渉しましょう!