不動産会社の役員に聞いた!不動産会社の選び方と選ぶ際の注意ポイント!

不動産売却の経験を持っている人は少ないのが現状です。

購入は経験した事があっても、売却を経験する事は多くないですよね。

購入よりも分からない事が多い、不動産の売却では様々なアドバイスをしてくれる不動産会社選びが大切です。

買主を見つけてくる段階や、契約までのスピード感などあなたが求めているものとかけ離れている可能性もあります。

今回は、私が不動産投資でお世話になっている不動産会社の役員の方に選びかたと注意点を調査してきました。

400858d13c16e16934fad2c8a27718b3_s

大手と地元型との違いとは?

パートナーとなる不動産会社選びで気になるのが大手不動産なのか地元型の不動産会社なのかだと思います。

大手不動産といえば『三井不動産』や『東急リバブル』などがありますよね。

圧倒的な不動産仲介の実績を誇っているのは事実です。

また全国に支店があるので、あなたの地元以外でも買い手が見つかる可能性があります。

大手ならではの割引キャンペーンなどが実施されている可能性もあります。

一方で地元型の不動産会社はどうでしょうか?

地元に数店舗あるだけの地域密着型の不動産会社です。

こういった不動産会社の強みは、地域に根付いている得意先を持っている事です。

最近では中古不動産を購入する人も増えているため、こういった地元型の不動産会社に購入希望者が訪れる事も増えているそうです。

地元型といっても、全国対応が出来ないというわけではありません。

インターネット上にある不動産ポータルサイトへの登録は大手不動産会社だけが利用しているわけではありません。

地元型の不動産会社も積極的に利用しています。ですので、こういった小さな不動産会社を利用したからといって店舗だけでの広告活動になってしまうという事はありません。

では、この2つの不動産会社の違いはどの部分にあるのでしょうか?

役員が着目した点は『スピード感』でした。

あなたが求めるスピード感はどちらが適しているか

不動産会社の役員が注意しないといけないと言っていたのは『スピード感』です。

どのようなスピード感なんでしょうか。

不動産会社は預かったマンションや家などの物件とインターネット上やレインズと呼ばれる専門業者用の情報サイトに登録する必要があります。

この登録までの期間にも差があります。

情報鮮度が大切な不動産業界において即日登録されるのか1週間後に登録されるのかは致命的な差があります。

また、買い手が見つかってから契約までの事務手続きに関しても差があるとの事でした。

担当者が1から10まで自らの意思で動く小さな不動産会社と、それぞれの部署で持ち回る大手不動産との違いは明確です。

契約までに多くの人が関わるため、なかなか手続きが進まないという現状があるようです。

もし、あなたが売却を急いでいる場合になかなか手続きが進まないといった場合にどう思われますか?

そのような希望を聞き取りしてくれるのかといった点も注目しなければならないでしょう。

15c9339bfaca9d5f58dc98a506def579_s

大手のブランド力だけが大切な業界ではありません

不動産の売却において大手が絶対的に優位という事はありません。

レインズという業者用の専門ポータルサイトもありますし、テレビCMなどで見かけるインターネット上の不動産ポータルサイトもあります。

大手不動産会社の名前が持つブランド力だけで依頼をしてしまうと後で後悔する事になりかねません。

売却を急いでおらず、タイミングがいい時に高く売りたいという事であれば大手不動産を利用するのが良いかもしれません。

圧倒的な顧客情報量があるので、独自に買い手を探す事も可能です。

一方で、事情によって売却を急いでいるのであれば地元型の不動産会社を選択する方が良いかもしれません。

小さな不動産会社は収益源が小さいため、仲介手数料が大きく取れる不動産売却の案件を頑張ってくれる可能性が高くなります。

担当者の努力次第でいかに早く買い手を見つけ、事務手続きなどを迅速に進めるかが決まります。

あなたの不安や悩みに親身になって相談に乗ってくれて、希望通りのスピード感で売却を進めてくれるのは意外に地元型の小さな不動産会社かもしれません。

たった1つの不動産会社を訪れただけでパートナーを決めるのではなく、あなたの希望を親身になって聞いてくれる不動産会社と担当者に会えるまで根気強く不動産会社を回ってみましょう!

ABOUTこの記事をかいた人

大学生のときに宅建を取得。自身でも不動産賃貸業を営んでいます。だからこそ、不動産会社との付き合い経験も多く皆様がお困りな点などをアドバイスできます。はじめての売却は業者側とあなたとの間に大きな情報の格差があります。騙されないためにも客観的な情報を持って落ち着いて交渉しましょう!