住宅ローンが返せないあなたに見てほしい任意売却のメリット

夢のマイホームを手に入れたものの、住宅ローンの返済が苦しくなってしまい、住宅ローンを返せなくなってしまうことがあります。

延滞が重なると、抵当権の実行によって競売となってしまいます。

競売になれば相場よりも、良くて7割、半額以下となる場合もあります。

同じ、売却でも、もっとあなたの手元に多くの金額を残す方法があります。まだ諦めないで下さい。

あなたの味方となる人はたくさんいます。今回はその売却方法をご紹介します。

19ea47667fc769b06d74f5b5118cb744_s

任意売却を選択するメリット3つ

今回、ご紹介するのは任意売却という方法です。

一般的な売却の手順を踏んで、あなたの家を売却するという事になります。

では、任意売却を選択するメリットはどのようなものがあるでしょうか。簡単に3つにまとめてみました。

1.相場に近い価格で売却が可能になるので、住宅ローンを完済またはほぼ完済することができる。

2.仮に、住宅ローンが完済出来れば、完済後の資金は手元に残るため引越し費用などに利用できる。

3.競売のような公表はなく、近隣への配慮が可能である。

1つずつ簡単にまとめていきます。

1.相場に近い価格での売却が可能になる。

任意売却は一般的な売却となんら変わりません。

不動産会社へと仲介を依頼して、買主を探す事になります。売却に関しては急いでいるため、相場よりも少し低い売却価格を設定する事になるでしょう。

時期が春前であったり、駅が近い、資産価値が高いマンションである、などの条件であれば相場に近い金額で売却が可能になります。

競売であれば良くても相場の6割程度での売却になりますが、任意売却の場合であれば悪くて8割、基本的には相場の1割割引程度での売却となるでしょう。

2.完済後の資金が手元に残る

もし、売却した金額で住宅ローンを完済できた場合、残った資金はあなたの手元に入ります。

競売となった場合は資金は一切あなたの手元には返ってきません。

少しでも、資金が残れば引越し費用や新しい住居の敷金などに使うことができるため、新しいスタートもいいスタートを切ることが出来ます。

3.公表なしで売却が可能です。

競売となれば、インターネット上などに競売情報が公表されます。

あなたが住んでいる状態でも公表されるので、こういった情報を注視している人がご近所にいれば、情報が広まってしまう可能性があります。

ですが、任意売却であれば一般的な売却過程を進める事になりますので、そういった心配はありません。

任意売却にはメリットがたくさんあります。

いかがでしたでしょうか。

任意売却にはメリットが多くあります。

この他にも、挙げると引越し時期を自らで選択出来るというのもあります。

但し、注意が必要なことがあります。

もう延滞をしているのであれば、金融機関との同意が必要になります。

この交渉は、素人に簡単にできるものではありません、多少費用がかかったとしてもプロに依頼することが望ましくなります。

相談は無料ですので、まずは相談してみてください。残された時間は多くありませんので、早速相談してみましょう。

ninni

ABOUTこの記事をかいた人

大学生のときに宅建を取得。自身でも不動産賃貸業を営んでいます。だからこそ、不動産会社との付き合い経験も多く皆様がお困りな点などをアドバイスできます。はじめての売却は業者側とあなたとの間に大きな情報の格差があります。騙されないためにも客観的な情報を持って落ち着いて交渉しましょう!