簡易査定を利用すれば電話地獄になる!?そんな都市伝説なお悩みに回答します!

あなたは車やバイクの一括査定を利用すると、査定をした会社から電話が鳴り止まないという噂を聞いた事がありませんか?

残念ながら、引越しや車の一括査定を利用した場合、営業の電話がかかってくるのは事実です。

では、不動産における簡易査定を利用した場合にも同じ事態になってしまうのでしょうか?

イメージからすれば少し心配になってしまいますよね。ですが、安心してください。

しっかりとした理由があって、その心配はないと断言出来ます。

今回はその理由と簡易一括査定についてご紹介します。

19ea47667fc769b06d74f5b5118cb744_s

そもそも一括査定って?

不動産における一括査定とは、『簡易査定』を指しています。

そもそも、査定には2つの方法があります。

あなたの自宅を訪問して、実際に物件を確認して査定額を算出する訪問査定。

一般に公開されているデータを基に、周辺環境などの情報から査定額を算出する簡易査定。

一括査定と呼ばれる査定は、簡易査定を意味しています。

インターネット上で、簡単なあなたの不動産情報を入力するだけで最大6社程度からあなたの家の査定額がわかるのです。

これが巷で言われている不動産における一括査定なのです。

一括査定のメリットとデメリット

一言に一括査定と言っても、メリットとデメリットがあります。

メリット

メリットは一回の入力で複数の査定額を知る事が出来る事です。

サービスによりますが、一括査定を利用すると最大で6社から査定額の提示を受ける事が出来ます。

同じ物件なのに、金額が違う事に驚かれるかもしれません。

季節や周辺の環境の変化によって、全く一緒の家であってもタイミングによって査定額は変化します。

また、一括査定を利用する事で周辺の価格相場を知る事が出来ます。

売却を真剣に検討しているのであれば、収支計画を立てる事がとても大切になります。

どの程度の金額で売却が可能になるのか、相場を知る事が第一歩となるのです。

そのため、複数の査定額を平均した金額が相場ぐらいであるという感覚をつかむ事が可能になります。

デメリット

一方でデメリットもあります。

実際に現場を見て査定額を算出していないため、正確な金額となっていない事です。

データ上で得られる情報と、実際に周辺を歩いたり家の中を見て回ったりして算出された査定額には多少なりとも差が出てきます。

見えない部分に傷や破損などが発生している事も稀なケースではありません。

そういったデータからでは得られない個々の事情を加味出来ない所がデメリットになります。

一括査定では納得の査定額を提示されていながらも、その後の訪問査定において査定額が減額される事もあります。

400858d13c16e16934fad2c8a27718b3_s

電話地獄にならないと言える理由

もう1度言いますが、不動産の一括査定において度重なる電話での営業活動は心配いりません。

理由は『不動産会社とあなたが結ぶ契約の形態』にあります。

あなたの家を売却する場合、あなたは不動産会社と『媒介契約』という契約を締結します。

この媒介契約は種類があります。3つの種類が法律で定められています。

1つの不動産会社と組んで売却を進める契約が2種類。多くの不動産会社に依頼して売却を進める契約が1種類あります。

不動産会社からすれば、自分の会社だけで売却を担当したいものです。

そのためには、強引な営業活動が逆効果になる事を知っています。

不動産売買において大切な事は人と人との信頼関係です。

何度もあなたに電話をして、信頼関係が崩れてしまえば大切な顧客を失うことになります。

売却を検討している顧客は他の賃貸などの顧客よりも利幅が多くとれるため、とても貴重です。

不動産会社の担当者は『紳士的』な対応を心がけて、あなたとの契約を望んでいます。

これらの理由から一括査定を利用した場合の電話営業地獄の心配が必要無いと言えるのです。

不動産の一括査定には様々な企業が進出しています。

その中でも、当サイトがおすすめしているのが『イエウール様』が提供している一括査定です。

全国各地、津々浦々どこでも査定が可能なサイトになっております。

最大で6社まで査定の提示を受ける事が出来ます。またイエウールが提携している不動産会社は900社を超えています。

圧倒的な提携数であなたの家の売却をサポートしてくれます。簡単1分で入力が完了するのでぜひ利用してみてください。

『イエウール』の不動産一括査定はこちら!

ABOUTこの記事をかいた人

大学生のときに宅建を取得。自身でも不動産賃貸業を営んでいます。だからこそ、不動産会社との付き合い経験も多く皆様がお困りな点などをアドバイスできます。はじめての売却は業者側とあなたとの間に大きな情報の格差があります。騙されないためにも客観的な情報を持って落ち着いて交渉しましょう!