最悪の事態をまぬがれるために・・・任意売却が絶対おすすめなケース3つ

夢だったマイホーム。

様々な努力をして手に入れたものの、環境の変化によって手放さなければならない場合があります。

最悪の事態とは、抵当権の実行による競売でしょうか。

競売となると、強制退去となるだけでなく本来評価されるべき価値の半分程度の値段で売却される可能性があります。

こんな最悪の顛末を迎えることのないように、任意売却という方法で適正な価値で売却する方法があります。

今回は、こんなケースであれば任意売却に踏み切った方がいいというケースを3つご紹介します。

再スタートは早ければ早い方がいいです。まずはこちらをご覧になって検討してみて下さい。

6e2125e1850c114336553e2766ea0c90_s

任意売却を検討しなければならない3つのケース

今回は、3つのケースに分けてご案内します。

この3つに該当するのであれば、早い段階で専門家のアドバイスを受けながら任意売却を進めましょう。

3つのケースは以下の通りです。

1.ボーナスカットやリストラなどで収入が減少している。

2.病気や怪我などで仕事に行けなくなってしまった。

3.住宅ローン以外に借入金が増えてきている。

では、1つずつ順番に見ていきましょう。

1.ボーナスカットやリストラなどで収入が減少している。

夢のマイホームを購入した時点で、住宅ローンを利用した場合には月々の返済シミュレーションを立てます。

その時点で、無理なシミュレーションを立てている方が陥りやすいのがこのタイプです。

毎月の給料収入の中で、半分を超えて返済に充てている場合は少しの減額で危険水域に到達します。

世の中にはこのような無理な返済計画を立てているケースがかなり多く存在しているのです。

もちろん、住宅ローン実行時にはまだ若く、将来の昇給が見込まれるケースもあるでしょう。

ですが、昔のような年功序列な給与体系は崩壊しています。いつ給料減額やボーナスカットなどが実施されるかわかりません。

無理な計画を立てていると十分な貯蓄も形成することが出来ないため、2重で危機がせまっています。

こういった、場合は返済額を減額する交渉をするか、任意売却でいったん整理するかなどを検討する必要があります。


 

2.病気・怪我で仕事に行けなくなった。

こちらもよくあるケースです。予期しない病気や怪我などで長期的に療養が必要になる事は稀なケースではありません。

多くの人が陥る可能性があります。また、住宅ローンについている団信と呼ばれる保証に該当しない場合もあります。

こうなれば、収入は途絶えたにもかかわらず、返済は毎月訪れるというケースになります。

すぐにでも任意売却を選択して、整理する必要があるかもしれません。


 

3.住宅ローン以外に借入金が増えている。

こういったケースに該当していませんか?

住宅ローン返済によって、毎月の収支環境が悪化しカードローンやクレジットカードのキャッシングを利用してしまう人は多くいます。

こういったケースに多いのが、奥様やご主人などパートナーに内緒で借金を増やしてしまっているケースです。

知らず知らずのうちに大変な事態に発展しているということがあります。

自己破産となると、大きな社会的制裁を受ける事になります。

すぐにでも任意売却を通じて、借入状況を整理した方がいいケースです。

相談は早い方がいい

いかがでしたか?もしかしたら自分に当てはまるかもしれないと思って見たあなたはいかがでしょうか。

もし、当てはまっているのであればすぐにでも専門家に相談しましょう。

こういった手続きは一歩踏み出すまでが大変であり、仲間が増えれば乗り越えることが出来ます。

相談は無料の場合が多いため、まずは相談してみましょう。

迷っている間に最悪の事態に進展しないように、勇気がいりますが一歩踏み出しましょう。

ninni

ABOUTこの記事をかいた人

大学生のときに宅建を取得。自身でも不動産賃貸業を営んでいます。だからこそ、不動産会社との付き合い経験も多く皆様がお困りな点などをアドバイスできます。はじめての売却は業者側とあなたとの間に大きな情報の格差があります。騙されないためにも客観的な情報を持って落ち着いて交渉しましょう!