転勤の内示が出たあなた必見!家を売るための流れとコツ

サラリーマンとして順調なキャリアを積むあなたに突然訪れる転機が「転勤」です。

以前のように「明日から○○の会社へ行ってくれと」といった無茶振りは減っているかもしれません。

遠方への転勤となれば2〜3ヶ月前に内示として伝えられます。

定住の地と考え、現在の勤務先の近くに家を買っていた場合は難しい判断を迫られます。

  • 家を売る
  • 家を貸す
  • 空き家にしておく

代表的な対処方法として上記のような3つの方法が考えられます。

この中で今回は「家を売る」ために必要な知識と流れ、早く売るコツについてご紹介します。

a0a06008e6ae7082f1a8de95812068f7_s

売却の流れは基本に忠実に

遠方の支店や支社に転勤となり気が動転しているかもしれません。

気持ちがはやってしまう時ほど基本に忠実な行動が大切です。

現在住んでいる家を売る決断をした場合は落ち着いて1つずつステップを進めましょう。

焦ってしまうと大損を被ってしまいます。

一生に一度の家の売却で500万以上の損をしてしまうことも考えられます。

急いでいるときこそ基本に立ち返ることが大切です。

まずはあなたの家の価値と周辺相場を理解することから始めましょう。

価値を理解することで想定売却価格もイメージできます。

次のステップに進むために必要な基礎となる金額を理解しましょう。

基本となる売却の流れはこちらをご覧ください⇩

>>家の売り方に悩むあなたをための基本の流れ<<

できる限り早く家を売るコツ

転勤までに現在の家を売却してしまいたいと考えているのであれば早く売るためのコツが必要です。

家を早く売るために2つの方法があります。

  1. 相場よりも安く売る
  2. 不動産会社に売る

それぞれの内容について解説していきますね。

1:相場よりも安く売る

家の価格も需要と供給のバランスで価格が決まっています。

需要が増える春や秋は価格が上昇します。

相場の流れを読み解くことが家を上手く売却するコツです。

家を早く売るためのコツは「相場よりも安く売る」ことです。

相場より安く設定された価格で売りに出すことでいわゆる「掘り出し物」になります。

積極的に広告活動をしなくても良い不動産を探している人から引く手数多になることが期待できます。

自分で住むことを目的とした人や貸家として活用したい大家さんなど様々な人の目を引くことになります。

買主が多く現れれば1番早く手続きが進みそうな人を選択することもできます。

注意点としては相場よりも1割〜2割ほど安い金額で売却することです。

2:不動産会社に売る

あなたの家を不動産会社に売ることで早く売ることができます。

即金即買と呼ばれるシステムです。

不動産会社が家を買ってどうするの?と思われるかもしれません。

あなたの家を買って最新のトレンドに合わせたリフォームを実施します。

価格を上乗せして販売することで不動産会社は利益を得ることができます。

売却価格は相場よりも2割〜3割ほど安くなることを理解する必要があります。

先ほどの1番と違う点は売却に係る面倒な手続きが省略できることです。

不動産会社に直接売りますので仲介手数料も不要となります。

仲介手数料の金額次第では不動産会社への売却がお得な場合もあります。

注意点としては売却価格を値踏みされる可能性があることです。

まとめ

今回は転勤の内示を受けたあなたのために家を売る流れと早く売るコツご紹介しました。

遠方への転勤を通告され、気が動転しているかもしれません。

急いでいる時こそ基本に立ち返ってください。

焦って手続きを進めると大損することになってしまいます。

次に早く売るためのコツについてご紹介しました。

家を早く売るためには2つの方法があります。

  1. 相場よりも安く売る
  2. 不動産会社に売る

どちらの方法があなたに適しているか判断が難しいと思います。

あなたの手元に多くお金が残る方法を吟味して選択することをオススメします。

ABOUTこの記事をかいた人

大学生のときに宅建を取得。自身でも不動産賃貸業を営んでいます。だからこそ、不動産会社との付き合い経験も多く皆様がお困りな点などをアドバイスできます。はじめての売却は業者側とあなたとの間に大きな情報の格差があります。騙されないためにも客観的な情報を持って落ち着いて交渉しましょう!