賃貸中のマンションを売却するときのポイントと注意点

あなたが保有しているマンションが賃貸中の場合、売却するときに注意が必要です。

賃貸中の物件は購入する人が限られます。

何も知らずに売却を不動産会社に依頼すると損をしてしまう可能性があります。

賃貸中のマンションを売却するときに気をつけたいポイントと注意点を理解しておくことをオススメします。

今回は賃貸中のマンションを売却するときのポイントと注意点をご紹介します。

a2753d1ced117d10c4c2e92389305424_s-min

賃貸中のマンションを誰が買うか

賃貸中のマンションを売却するためには誰に売るかを意識する必要があります。

誰が賃貸中のマンションを買うと思いますか。

それは不動産投資家です。

賃貸中であれば安定して収益があります。

不動産投資家から見れば賃貸中で一定の家賃収入が見込める物件であれば購入を検討します。

そこで大切になる指標が利回りです。

1年間の賃料総額/物件価格で利回りを計算します。

例えば、毎月10万円の賃料があり年間賃料が120万円の場合、1200万円で価格設定すれば利回りは10%です。

この利回りと呼ばれる指標が大切になります。

売却を検討しているマンションの周辺相場利回りをインターネットで調べることをオススメします。

不動産会社選びが大切

マンションの売却において1番大切なことがパートナー選びです。

パートナーとは不動産会社のことです。

売却の仲介を依頼することになる不動産会社選びはマンション売却で失敗しないために1番大切なことです。

マンションの売却に強いことは当然ですが、加えて賃貸中の物件を売却した経験がある不動産会社を選ぶことが重要です。

賃貸中物件の売却に強い不動産会社は投資家との強いパイプがあります。

あなたのマンションも広告活動に加えて人脈を有効活用して売却してもらうことができます。

パートナーとなる不動産会社選びの失敗=マンション売却の失敗と言っても過言ではありません。

次に不動産会社との出会い方をご紹介します。

机上査定で優良な会社と出会う

先ほどもご紹介した通り、不動産会社選びがマンション売却で1番大切です。

優良で賃貸中の物件に強い不動産会社と出会う方法があります。

それが机上査定です。

机上査定とはインターネットで簡単に利用出来る査定サービスです。

一度の情報入力で最大で6社の優良不動産会社に査定を依頼することができます。

査定の依頼だけではありません。

街の中に隠れている悪徳な不動産会社と出会うことなく優良な不動産会社だけと出会うことができます。

なぜなら、机上査定に登録している会社は厳しい審査を通過しているからです。

一度に6社の会社と出会えるだけでなく悪徳な会社と出会うリスクも排除することができます。

査定は60秒で簡単にできるため大切な休日を潰すこともありません。

メリットだらけのサービスだからこそ必ず利用することをオススメします。

まとめ

今回は賃貸中のマンションを売却するときのポイントと注意点をご紹介しました。

注意点は誰に売るのかを意識することです。

賃貸中であれば安定した賃料収入を見込むことができます。

不動産投資家に売却することを目標として戦略を立てることが大切です。

売却に向けた大切なポイントは不動産会社選びです。

不動産会社選びで失敗するとマンション売却が失敗すると言っても過言ではありません。

だからこそ、信頼できる優良な不動産会社だけと出会うことができるサービスを利用してください。

そのサービスが机上査定でした。

机上査定を利用して簡単・安全に優良な不動産会社と出会うことをオススメします。

厳しい審査で評価されるHOME4Uの机上査定サービスをオススメしています。

詳しい特徴はこちらの記事をご覧ください。

HOME4Uの一括査定を管理人が実際に利用した体験談と口コミ大公開

2016.07.18

ABOUTこの記事をかいた人

大学生のときに宅建を取得。自身でも不動産賃貸業を営んでいます。だからこそ、不動産会社との付き合い経験も多く皆様がお困りな点などをアドバイスできます。はじめての売却は業者側とあなたとの間に大きな情報の格差があります。騙されないためにも客観的な情報を持って落ち着いて交渉しましょう!