親と同居を決意したら必ず見て欲しい実家の戸建を売却する方法

親が遠方で一人暮らしをしていると心配になります。

体調面や治安、怪我などのリスクを考えると同居を検討するようになります。

親との同居を決意した場合、次に気になる問題が実家の処遇です。

長年の思い出が詰まった家ですが空き家にしておくことはできません。

いずれは処分しなければなりません。

実家を売却するとなったら損をしないために必ず覚えておいて欲しい事があります。

今回は親との同居を決意したら必ず見て欲しい実家の売却戦略についてご紹介します。

021d308ec32989091274a560e9b166ea_s

実家を売る・土地を活用するの2択

誰も住まなくなった実家の処遇は2つの選択肢があります。

  1. 土地も含め、売却する。
  2. 家を取り壊し、土地を有効活用する。

2つのメリットとデメリットを一緒に確認していきましょう。

1:売却する

選択肢の1つ目が売却です。

土地・建物を全て売却してしまう方法です。

実家が地方を含め遠隔地であっても売却は可能です。

また築年数が長く、古い戸建であっても売却する事ができます。

売却のメリットはまとまった資金が手元に入り、今後の対応が不要になることです。

一方でデメリットとして故郷の土地を手放す心理的な負担があります。

2:土地を有効活用する

選択肢の2つ目は土地を残す方法です。

家を解体して土地を残します。

残った土地にいくつかの選択肢の中から有効活用を行います。

  • アパート建築
  • 駐車場として整備
  • 新築の建築

土地の利用権利を貸し出し、賃借料の支払いを受けることができます。

メリットは定期的な収入を期待できます。

デメリットとしては将来的に土地の売却を含めて手続きをしなければなりません。


2つの選択肢はそれぞれにメリットとデメリットがあります。

あなたはどちらのメリットに魅力を感じましたか。

私は売却することをオススメしています。

土地の有効活用を検討したい方はスマイスターの土地有効活用相談サービスがオススメです。

圧倒的な相談実績がありますのでご相談されてはいかがでしょうか。

⇨ スマイスター公式サイトはこちら

売ることを勧める理由

先ほどもご紹介した通り実家の戸建は売却することをオススメします。

理由は日本の人口減少です。

地方を含めて、日本国内の人口は減少していきます。

家の需要は先細りすることが確実視されています。

その中で将来的に土地や建物の売却が困難になる可能性もあるのです。

現在は地方を含めて日本各地の土地や建物が売却可能です。

築古の物件であっても買い手が見つからないことはありません。

周辺の相場を理解することで価格を調整し売却を早めることもできます。

決断を先延ばしすることで家や土地が売れなくなるリスクがあることを覚えておいてください。

損をしない売却戦略

家を売る時に損をしないために利用したいサービスがあります。

机上査定と呼ばれるサービスです。

これはインターネットで家の住所などの情報を入力すると全国の不動産会社に査定を依頼できるサービスです。

机上査定を利用すると最大で6社の不動産会社に同時に査定を依頼できます。

1社ずつ直接足を運ぶ必要がありません。

更に机上査定サービスに登録されている不動産会社は厳しい審査を通過した会社のみです。

悪徳な不動産会社に出会ってしまうリスクを避けることもできます。

まさに一石二鳥な机上査定のサービスを必ず利用しましょう。

まとめ

今回は親と同居することを決意したときに見て欲しい実家の売却戦略についてご紹介しました。

実家の処遇には2つの選択肢があります。

  1. 売却
  2. 土地を残して貸し出す

私は売却することをオススメしています。

理由は人口減少社会の中で将来的に家や土地が売れなくなる可能性があるからです。

今のうちに手続きを完了させて身軽になっておきましょう。

戸建を売却する時に利用したいサービスが机上査定です。

机上査定はインターネットで簡単に利用できる一括査定サービスです。

一度の入力で最大6社の不動産会社に査定を依頼することができます。

家の売却で損をしないためにも必ず利用するようにしてください。

机上査定で最大の規模を誇るHOME4Uの詳しい特徴はこちらの記事をご覧ください。

HOME4Uの一括査定を管理人が実際に利用した体験談と口コミ大公開

2016.07.18

ABOUTこの記事をかいた人

大学生のときに宅建を取得。自身でも不動産賃貸業を営んでいます。だからこそ、不動産会社との付き合い経験も多く皆様がお困りな点などをアドバイスできます。はじめての売却は業者側とあなたとの間に大きな情報の格差があります。騙されないためにも客観的な情報を持って落ち着いて交渉しましょう!