親が老人ホームへ入居した後に実家を売却するときの注意点

両親の介護によって仕事を辞めなければならない問題が社会問題となりつつあります。

介護が必要になった親が老人ホームへ入居するケースも増えています。

老人ホームへ入居した後、問題となるのが実家です。

空き家となった実家をどうするか、難しい判断を迫られます。

売却のメリット・デメリットと決断した時の注意点を中心にまとめます。

今回は親が老人ホームへ入居した後の実家の扱いについてご紹介します。

空き家のメリットとデメリット

親が老人ホームへ入居した後も実家を空き家にしておくケースを検証します。

将来的に実家へ帰ってくることを願い、空き家のままケアを行います。

空き家のメリット

空き家のメリットは思い出の保存です。

実家は親にとってもあなたにとってもかけがえのない存在です。

空き家のままケアを行い、最後の時まで保存しておくことも可能です。

空き家のデメリット

デメリットは費用と治安です。

空き家のまま保有していると固定資産税が毎年課税されます。

更に、人の住まない家は加速的に劣化していきます。

定期的なケアと修繕が欠かせません。

専門の業者に依頼して実家のケアを行う必要があります。

周辺の治安への影響も忘れないでください。

空き家は治安悪化の原因になりかねません。

地域の自治会への通知や周囲の理解が欠かせないことを覚えておいてください。

売却のメリットとデメリット

親が老人ホームへ入居したため実家を売却するケースを検証します。

寂しくなりますが実家を売却することで老人ホーム入居に必要な資金の捻出も可能になります。

売却のメリット

売却を行うメリットはまとまった資金の獲得と維持管理費用の削減です。

実家を売却することによって保有権を手放します。

まとまった資金が手元に入るため、親の老人ホーム入居費用をまかなうことも可能です。

更に、実家を空き家のまま保存するときに必要になる費用が不要になります。

売却を決断することで資金の目処とあなたの負担削減が可能になります。

売却のデメリット

デメリットは心理的負担です。

実家を売却する決断は大きな迷いを生みます。

両親の同意を得ることも大変でしょう。

親だけでなくあなたの思い出も詰まった大切な実家です。

重要な決断となることは間違いありません。

親と充分に話し合い売却に向けた同意と決断を行いましょう。

実家の売却で損をしないための注意点

先ほどまで売却のメリットとデメリットについてご紹介しました。

最後に売却を決断した後に、損をしないために注意するポイントをご紹介します。

最低限の知識を身につける

家の売却は一生に何度も経験するものではありません。

何も知らずに不動産会社へ足を運び、相手のいいなりになり売却へ至るケースが後を絶ちません。

相手が優良な不動産会社であれば問題ありませんが、世の中はそんなに甘くありません。

大切な実家の売却で騙されることのないように最低限の知識とデータを身につける必要があります。

優良な不動産会社と出会う

家の売却で欠かせないパートナーが不動産会社です。

不動産会社選びで成功すれば売却が成功したと言っても過言ではありません。

世の中にたくさんある不動産会社の中から優良な不動産会社と出会うことが重要なポイントになります。


  • 最低限の知識を身につける
  • 優良な不動産会社と出会う

この2つを1つのサービス利用でクリアする方法があります。

それがインターネットで簡単に利用できる机上査定です。

インターネット経由で全国にある不動産会社に査定を依頼できるサービスです。

このサービスに登録している不動産会社は厳しい審査を通過しており安心して依頼できます。

更に査定価格がわかるので、最低限の相場観を身につけることも可能です。

実家の売却を決断した後は机上査定の利用をオススメします。

まとめ

今回は親の老人ホーム入居後の実家の売却についてご紹介しました。

売却にはメリットとデメリットが明確にあります。

実家を売ることは簡単ではありません。

しかし。

売却を決断した後は損をすることがないように机上査定の利用を強くオススメします。

大切な思い出がつまった家だからこそ、適正な値段で売却できるように準備を進めましょう。

HOME4Uの一括査定を管理人が実際に利用した体験談と口コミ大公開

2016.07.18

ABOUTこの記事をかいた人

大学生のときに宅建を取得。自身でも不動産賃貸業を営んでいます。だからこそ、不動産会社との付き合い経験も多く皆様がお困りな点などをアドバイスできます。はじめての売却は業者側とあなたとの間に大きな情報の格差があります。騙されないためにも客観的な情報を持って落ち着いて交渉しましょう!