築年数が古い戸建の売却戦略と机上査定のススメ

全国各地に築年数の古い戸建が増えています。

築年数が40年を超える木造戸建の売却は事前の戦略が成否を左右します。

誰に戸建を売るのかイメージして売却へ向けて手続きを開始することをオススメします。

あなたのパートナーとなる不動産会社選びも大切です。

戸建の売却に関する知識とノウハウがある不動産会社を選ぶためのコツをまとめます。

今回は築年数が古い戸建の売却戦略と査定を使った不動産会社の選び方をご紹介します。

083fc486e376930a3932eca22cf81140_s

築古戸建の売却戦略

築年数が経過して古くなった戸建を売るためにはコツが必要です。

40年を超えた築年数の戸建は耐震化などの手入れが必要になります。

建築確認済証を含めた書類も整備されていないことが一般的です。

築古戸建は実需を相手にした売却では買い手が見つからないと考えていいと思います。

つまり買主が自ら住むことを想定して購入しないということです。

では古い戸建を誰に売れば良いのでしょうか。

答えは個人の投資家です。

不動産投資を行っているサラリーマン大家に売却する戦略を立てます。

投資物件として必要な情報を揃えて売却に向けて活動を開始させましょう。

賃貸の周辺相場や想定利回りなど収益物件として売却するために必要な情報は不動産会社と協力して集めましょう。

キーポイントは不動産会社選びです。

机上査定を使って不動産会社を探す

あなたのパートナーとなる不動産会社は探し方にコツがあります。

1社ずつ訪問して探すことも大切ですが時間がかかりすぎます。

加えてあなたを騙そうとする悪徳な不動産会社と出会うリスクもあります。

まずインターネットで簡単に利用出来る机上査定を利用します。

一度の物件情報の入力だけで近所にある不動産会社の中から最大で6社に査定を依頼できます。

足を運ぶことなく複数の不動産会社とコンタクトを取ることができます。

仕事で忙しい場合も安心です。

机上査定に登録する不動産会社は厳しい審査を通過しています。

悪事を働く悪徳な不動産会社と出会うリスクを排除することができます。

査定結果を見比べて平均値を提示した会社から順番に連絡を取ってみましょう。

他社よりも査定結果が高額すぎる会社と低額すぎる会社は後回しにします。

不動産会社を選ぶ際のポイントは実績と対応です。

これまでに収益戸建の売却実績があるか聞き取りましょう。

あなたの担当者が親身になって初歩的な質問に対応してくれるかテストすることも大切です。

あなたが信頼して依頼できる担当者と出会えるまで不動産会社を探すことをオススメします。

まとめ

今回は築年数が経過して古くなった戸建の売却戦略をご紹介しました。

築年数が40年を超えてくる物件は売却戦略が大切です。

実需で自分の住む家を探している人に売ることは難しくなります。

戸建を賃貸に出し、収益物件として運用したい個人投資家に売却することをオススメします。

収益物件として売却するためにはパートナーとなる不動産会社選びが大切です。

1社ずつ訪問すると手間がかかります。

インターネットで情報入力すれば一括で複数の不動産会社に査定依頼することができるサービスを利用しましょう。

査定結果は最大で6社から受け取れます。

厳しい審査を通過した優良不動産会社だけに査定を依頼できるメリットもあります。

まずあなたの戸建の価値を知り、売却に向けて一歩踏み出しましょう。

厳しい審査を通過した不動産会社だけが登録するHOME4Uの詳しいシステムはこちらをご覧ください。

HOME4Uの一括査定を管理人が実際に利用した体験談と口コミ大公開

2016.07.18

ABOUTこの記事をかいた人

大学生のときに宅建を取得。自身でも不動産賃貸業を営んでいます。だからこそ、不動産会社との付き合い経験も多く皆様がお困りな点などをアドバイスできます。はじめての売却は業者側とあなたとの間に大きな情報の格差があります。騙されないためにも客観的な情報を持って落ち着いて交渉しましょう!