本当にあった極悪不動産会社の怖い話を知ってください

家を売るために欠かせないパートナーが不動産会社です。

あなたは不動産会社に対してどのようなイメージがありますか?

  • ヤ○ザみたいに怖い人
  • イケイケの兄ちゃん
  • 高圧的なコワモテ
  • 激しい営業

このようなイメージがあるかもしれません。

見た目はチャラそうなお兄さんでも中身はとても親切で親身になってくれる人もたくさんいます。

多くの不動産会社はあなたを第一に考えて活動してくれます。

一方で世の中には本当に極悪な不動産会社も存在します。

今回は私が知っている本当にあった極悪不動産会社の話をしたいと思います。

5693f5e05b0b1f320c3057b9cf105a6e_s

不動産会社のことは同業に聞け

極悪な不動産会社の噂は瞬く間に同業に広がります。

わたしも不動産会社で勤務した経験と個人投資家としての経験を通していくつも悪徳不動産会社の噂を聞きました。

極悪な不動産会社に共通していることがあります。

  • 強引な営業
  • 相手のことを考えない営業電話
  • 勝手な広告
  • 恫喝まがいな行為

実際に、一度座ったお客さんを契約書にサインするまで帰さない不動産会社も存在するようです。

悪徳不動産会社を根絶できない理由

このような会社がなぜなくならないのでしょうか。

悪事を働いた不動産会社に対して、都道府県から行政処分と呼ばれる処罰が下されています。

しかし。

行政指導を受けた会社は解散してすぐに新設会社を設立する方法が横行しています。

新しく設立した会社で以前と同じ行為を行っているのです。

世の中から悪徳不動産会社がなくならない理由をお分かりいただけたでしょうか。

本当にあった極悪不動産会社

今回は本当にあった極悪不動産会社の実話をご紹介します。

ガチの実話なので詳しいエリア等は控えたいと思います。

この極悪不動産会社に狙われたお客は個人投資家です。

投資用として販売されていたワンルームマンションの登記情報を手に入れて、順番に営業電話をしかけました。

売却営業を仕掛けたのです。

電話に出た投資家が「考えておきます。」と答えたら悪事のスタートです。

極悪な営業は勝手に広告を作成し売却活動をスタートします。

最悪なことに、売却価格は相場よりも格安で設定されています。

当然のことですが買い注文が殺到します。

そこで所有者に電話するのです。

あなたの家に買い注文が殺到しているんです。早く売ってください。

電話を受けた側は寝耳に水な出来事であっけにとられてしまいますよね。

ここから恫喝まがいの営業も重なって無理やり売却させてしまうのです。

不動産会社は両手仲介となり仲介手数料を得ることができます。

想像を絶するような話ですが、現実のこのような超極悪不動産会社が存在することを知っておいてください。

まとめ

今回は本当にあった極悪不動産会社の実話をご紹介しました。

世の中で活動する大半の不動産会社は親切で素晴らしい会社ばかりです。

一部の極悪な不動産会社によって業界のイメージがダウンしてしまっています。

あなたも最低限の防衛策を取る必要があります。

不動産会社の選別をオススメします。

あらかじめ悪徳な不動産会社を排除する方法にインターネットで簡単に利用出来る机上査定があります。

机上査定は厳しい審査に通過した不動産会社のみが登録されています。

1度の情報入力で最大6社の不動産会社に対して査定を依頼することが可能です。

いずれも健全に活動している不動産会社です。

この中からあなたに合う不動産会社を選べば安心です。

不動産会社選びで悩む前にまずは机上査定を利用してみましょう。

厳しい審査を通過した不動産会社だけが登録するHOME4Uの詳しい解説はこちらの記事をどうぞ。

HOME4Uの一括査定を管理人が実際に利用した体験談と口コミ大公開

2016.07.18

ABOUTこの記事をかいた人

大学生のときに宅建を取得。自身でも不動産賃貸業を営んでいます。だからこそ、不動産会社との付き合い経験も多く皆様がお困りな点などをアドバイスできます。はじめての売却は業者側とあなたとの間に大きな情報の格差があります。騙されないためにも客観的な情報を持って落ち着いて交渉しましょう!