いらなくなった土地の簡単な処分方法をご紹介します

いらなくなった土地の処分方法に困っていませんか。

土地は保有しているだけで税金がかかります。

空き家問題でも話題になりましたが建物が建っていない土地は税金を満額負担しなければなりません。

今のまま土地を持っていても損をするだけです。

今回はいらなくなった土地の簡単な処分方法をご紹介します。

be56799429c05e1eae1d979b20e50881_s-min

2種類の処分方法を知ろう

いらなくなった土地の処分方法は大きく分けて2種類あります。

  1. 売却する
  2. 有効活用する

この2つの方法には大きく異なる点があります。

それは土地の所有権を放棄するかどうかです。

いらなくなった土地は必ずしも手放す必要はありません。

活用方法によっては保有しているだけで必要になる経費を超える収入を得ることもできます。

一方で売却することによって大きな金額を手にすることもできます。

あなたが置かれている状況によって処分方法を選ぶことが大切です。

次にそれぞれの処分方法の特徴について紹介します。

いらなくなった土地を有効活用する

最初の処分方法は土地の有効活用です。

いらなくなった土地とはいえ、活用方法によっては収益を発生させることができます。

有効活用と言っても土地を何につかうかイメージできませんよね。

代表的な活用方法の例をご紹介します。

  • 駐車場
  • マンション建設
  • 戸建分譲
  • 高齢者施設建設

この中でも安定的に収益を期待できる活用方法が駐車場です。

駐車場は土地を貸し出し、稼働状況に関係なく権利金を受け取ることができます。

いらなくなった土地が意外な活躍をみせるかもしれません。

活用方法を相談した上で納得ができなければ売却に切り替えることもできます。

まずはプロに相談することをオススメします。

⇨ スマイスター土地活用公式サイトはこちら。

いらなくなった土地を売却する

2つ目の処分方法は売却です。

不要な土地を売却することで現金化します。

もしいらなくなった土地が地方にあり、売却が不安かもしれません。

安心してください。

全国どこであっても土地の売却は可能です。

土地を損せずに売却するために欠かせないパートナーが不動産会社です。

不動産会社選びの失敗=売却の失敗と言っても過言ではありません。

最後に不動産会社の選び方をご紹介します。

不動産会社の失敗しない選び方

土地を売却すると決意すればパートナーとなる不動産会社を探さなければなりません。

やみくもに街の不動産会社に入れば、騙されるリスクがあります。

優良な不動産会社だけに土地の売却を依頼したいですよね。

ピッタリなサービスが机上査定です。

インターネットで簡単な土地の情報を入力すればいくらぐらいで売れるか分かります。

それと同時に優良な不動産会社に対して査定を依頼することになるのでパートナー探しもできます。

まさに一石二鳥なサービスです。

全国対応が可能な机上査定「イエウール」の利用をオススメします。

他を圧倒する不動産会社との提携数が魅力のイエウールの特徴まとめ

2016.07.26

まとめ

いらなくなった土地の処分方法についてご紹介しました。

処分する方法は大きく分けて2つありました。

  1. 有効活用する
  2. 売却する

有効活用では土地を所有したまま、プロに運用を任せることで収益を得ることができます。

売却は土地を誰かに売ることで完全に手放し、まとまったお金を手元に得ることができます。

どちらの処分方法が優れているかの判断はあなたの置かれている状況によります。

しかし。

迷っているのであれば、有効活用の提案を受けてから売却に向けた手続きをスタートさせることをオススメします。

いらなくなった土地を納得出来る方法で処分しましょう。

ABOUTこの記事をかいた人

大学生のときに宅建を取得。自身でも不動産賃貸業を営んでいます。だからこそ、不動産会社との付き合い経験も多く皆様がお困りな点などをアドバイスできます。はじめての売却は業者側とあなたとの間に大きな情報の格差があります。騙されないためにも客観的な情報を持って落ち着いて交渉しましょう!